商い甲子園トップ.png

 “あきずに商いとは”よく言ったものです。安芸(あき)だから「商い」ですか?と聞かれます。 それもありと答えたりしますが、安芸は、なんといっても三菱グループの創始者“岩崎弥太郎”の誕生地です。 商いの神様とも言われた岩崎弥太郎の商人魂を高校生と一緒に学ぶことを目的に「商い甲子園」をはじめました。高校生たちの前向きな姿勢を共に「商い甲子園」の中で考えてみませんか?

この動画は、第9回商い甲子園の様子です。YouTube動画をご覧下さい▲

  開催日:2016年 8月11日(木・祝日)
 第9回 結果報告詳細はこちら▷
  【入賞チーム名】

スクリーンショット(2016-08-14 10.10.30).png

接客/商品/演出/独創性の4項目について、それぞれ2名(計8名)の審査員が、それぞれ20点満点(計160点満点)で審査・採点した結果です。審査員による評価コメントは、後日文書によりお知らせします。

▷目 的
 三菱グループの創始者である岩崎弥太郎の生誕地で、阪神タイガースのキャンプ地でもある高知県安芸市に全国の高校生が集い、 商売の腕を競い合うことで、地元商店街の活性化を図るとともに、高校生に「商い」の面白さや大変さを学んでいただきます。また、参加した高校生同士、安芸市民との交流も図ります。
▷概 要
 全国の高等学校を対象に参加チームを募集し、安芸本町商店街において、チームごとに設定したテーマにそった商品販売を行い商品知識や接客マナーなど「商い」の技を競い合います。
▷実行委員長より
 第1回大会3校・10チームの参加で始まりましたこの「商い甲子園」も、昨年の第8回大会では14校 19チームのご参加をいただき、 出場された高校生の熱き思いと先生方のご尽力によって、今年で第9回を迎えることができ、心より感謝いたします。

商い甲子園便り第2号(H28年5月発行).pdf

DSC_4895.JPG

DSC_4959.JPG

DSC_4948.JPG

DSC_8531.JPG

DSC_8624.JPG

DSC_8544.JPG


_DSC8842.JPG

_DSC8847.JPG

_DSC8915.JPG

2013写真1.jpg

_DSC8849.JPG

_DSC8896.JPG

 3年生の授業の中に総合実践という科目があり、1・2・3年で学んだ商業に関する科目の応用ということで授業に取り組んでいる。この中で商品の仕入れから販売までの過程を体験させることにより、より具体性のある商業教育の実践を図る。実際に顧客と接することにより、マナーの向上やコミュニケーション能力の育成を図る。地域社会との関わりを持たせることなどを目標として年2回(商い甲子園と本校独自の)販売実習を3年生全員参加で行っている。

 生徒の自主性・主体性・達成感を育む。同じ取り組みでも、利益や評価を上げることによって、事後の成果は異なったものとなるのは当然。正当な評価や利益も必要です。生徒の実践・接客マナーの向上、コミュニケーション能力の向上、社会人としての能力・常識などを身につけさせたい。

 一般のお客様に商品を販売する実習の機会を得るため。他の学校の生徒と競争する事によって客観的に自己を見つめ今後の成長につなげる為。

 生徒に経験を積ませたいと思い参加しました。当日の販売よりも、そこに至るまでの仕入れ先の方との取引やメンバーとのPOP広告の製作や会話、コミュニケーションを重視しながら準備してきました。その結果、当日の店舗設営では生徒同士で意見を出し合いながら取り組む姿が見られたほか、販売でもチームワークが発揮でき、よい結果を得る事ができました。商い甲子園そのものは一日だけですが、準備や企画の“しんどさ”こそが、商い甲子園の価値だと、今となっては思っています。

 コンテストとして、競技としての販売を勉強するため。県外での発表の場として。他校や他県の人達との交流。

 接客技術の向上。集客力のある店舗レイアウトの研究。大会に向けての準備等で協調性の大切さを学ぶ。

 少ない部員でも、工夫すれば大人数の学校と同じくらい、あるいはそれ以上の成果を得られることを生徒に教えたい。県外の生徒の意欲・元気・礼儀・その他優れている点を見せて、生徒を成長させたい。

 生徒達が、商い甲子園の趣旨を理解し、目的を持って計画・準備をする過程で、いろいろな力(考える・意見を出す・発言する・周りと協調する・人の意見を聞く・我慢する・時間を有効に使う…など)を付けることができるため。商い甲子園は、その成果を発表できる場として位置付けている。また、大会の審査や評価・講評が、商業科で学ぶものとして、大変勉強になるから。第1回から参加してきた学校として、先輩の残してきたものを受け継ぎ、自分たちの手で引き継ぐことの大切さを学び、実践する力を付けるため。安芸市の方との交流を大切にできる人に成長するため。

 生徒商業研究発表会で発表する為。キャリア教育の一環。企業の方、高知の方など色々な方と交流でき貴重な体験をする事が出来る為。普段授業で勉強している事が、社会に出てからも役に立つことを実感させるために、企業の方々の協力を受けることは大切だと考えています。

商い甲子園 マーク.gif

商い甲子園便り第2号(H28年5月発行).pdf

 安芸市は三菱グループの創始者
「岩崎弥太郎」の生誕地。
他にも「雀の学校」や「浜千鳥」などの数々の童謡を作曲した「弘田龍太郎」などの生誕地でもあります。
 また、阪神タイガースが春季キャンプを張っていることでも有名です。 ナスの出荷量も日本一の、太平洋を臨む市です。
 商い甲子園は回を増すごとに新たな参加高校が加わり、参加校はもちろん、来場者にも喜ばれる大会となり商店街の夏のイベントとして大いに盛り上がっています。

DSC_8603.JPG

DSC_8536.JPG

DSC_8565.JPG

DSC_8541.JPG

DSC_8547.JPG

DSC_8560.JPG

DSC_8608.JPG

DSC_8610.JPG

DSC_8676.JPG

DSC_8516.JPG